なぜドル円のキリ番が105.00円ではなく105.25円なのか

   

PAK93_aozoraninobirusakura20140405_TP_V

スポンサーリンク

皆さん、こんばんわ。

ナンピン生活継続中のポコリーです。

すっかり春になりましたね。

職場のトイレに行く途中の窓から見える桜も満開で、嫌な気分も癒してくれます。

席に戻るまでのほんのちょっとの時間ですが(^_^;)

 

キリ番の話

さて、前回の記事で、キリ番について大変な勘違いをしていた、と書きましたが、今日はそのお話です。

ちょっとチャートを見てください。

105

ドル/円の4時間足のチャートです。

わかりづらいかもしれませんが、2本の赤い水平線を引いています。

上が105.25円、下が105.00円です。

 

見ていただけば分かるとおり、レジサポラインになっているのは、上の105.25円です。

 

普通に考えれば、キリ番は105.00円ですよね。

なぜ、こんな切りの良いラインがありながら、その前で反応するのか不思議でした。

 

で、ネットで調べたらわかったんですよ。

 

FXにおいて、大きな資金を持って相場を動かしているのは、欧米勢です。

その人たちは、「ドル/円」ではチャートを見ていません。

 

じゃ、何で見ているかというと、「円/ドル」です。

この場合、ドル/円が100円のとき、円/ドルは1.000です。

 

この計算でいくと、105.00円は、円/ドルでは、0.9524です。

 

ところが、105.25円は、0.9501となります。

欧米の人から見たら、キリ番は後者ですよね。

 

ちなみに、

120円は、0.8333

125円は、0.8000 です。

 

120円はキリ番でも何でもないんですよ。

これは、撤退ラインを考えるときに重要なポイントになりますよね。

 



スポンサーリンク

なお、これを教えていただいたのは、専業トレーダーATSさんのブログです。

http://gmmafx0000.jp/blog-entry-102.html

ありがとうございました。<(_ _*)>

 

 - トレード環境・手法